④奢られナンパの自己啓発

※①~③を読まれてない方はコチラ↓
http://reijirei.com/blog/ishoku-ace/
http://reijirei.com/blog/kusuburi-handou/
http://reijirei.com/blog/complex-reverse/

前回は、
コンプレックスを逆手に取り、
有効利用できれば
爆発的なモチベに変えられる。
なので、
コンプレックスを隠したり、
ただ消してしまうのは
もったいないですよ、
って話をしました。

で、今回は、
奢られナンパが自己啓発になる
って話です。

##奢られナンパが自己啓発??

「奢られナンパ」ってのは、
ナンパして番ゲや連れ出しするだけでなく
さらに奢ってもらうってやつですね。

ただでさえハードルが高いナンパ、
さらに「奢り」という条件がつくわけ
なので、いっそうハードルが上がります。

「お茶代くらい払ってやればよくない?」
「女からカネをとるって道義に反しない?」
「セルフイメージはむしろ下がらない?」

ってなって、特に
自己啓発のためにナンパやってる人ほど
やる価値を見いだせないことでしょう!


Kマツ君の奢られナンパ

はい、クズっすよね笑

ゲット後、その子と別れて別の子に
会いに行く途中でLゲ、
アポの子にはメシと満喫代
ほぼ奢ってもらう、という。。

「こんなことに自己啓発性なんかあんの?」
「ただ、ダメ男に転落してるだけじゃん?」
と思うのも無理はありませんね。

実際やってることはむちゃくちゃです笑

でもこのむちゃくちゃなことに、
実はすげー自己啓発の可能性が
潜んでるんです。

どういうことか??

##「負債感覚」を背負っているのは誰か?

まず、大前提として、
奢られナンパってのは、
「メシ奢ってでも会いたいと思わせるほど
 食いつかせている」
ってことができていないと
成立しません。

女から奢ってもらえるってことは、
それだけ【価値を提供している】
ってこと。

女はお金を払うことで
力関係の差を埋めている
ってことになるのです。

かつて、「奢る」ってのは、
社会的にも経済的にも強者である男性が
弱者であった女性に対して
行ったことでした。

金も地位もない女は、
強者であった男に奢られると、
自分が差し出せるものは
もはやセックスしかなかった。
何度も何度も奢られることで
負債感を募らせていき、
自信のない女ほど
借りを返そうと思えば
身体を差し出すしかなかった。

しかし今は、
男性と女性の力関係が逆転
しつつあります。
社会的、経済的には男性の方が上でも、
(それも揺らぎ始めてますが…)
モテに関しては女の方がダンゼン上。

男性がいくら高いメシを奢っても、
着飾った女が
「一緒にメシを食いにいってやる」
だけで釣り合ってしまい、
女はセックスまでさせてやるほどの
負債感を抱かない、
そういう時代になった
ってことです。

それどころか、
逆に、奢った男性の方が
女に引け目を感じてしまっている。
負債感を抱いてしまっている・・。

たとえばモデルとメシを食べにいく。
女はそこらの男にさんざんチヤホヤされて
高いメシを食い散らかしており、
奢られて当たり前と思っている。

男が奢った上に、
「~ちゃん、今日はありがとう」
などと、Lineで礼まで言ってしまう。

女に引け目を感じまくってる男は
「奢るからカネ貸して?」
「今日はまあまあ金があるから割り勘な!」
なんて、口が裂けてもいえないわけです。

割り勘にするなんて想像しただけで、
なんかぞわぞわして、落ち着かない。
耐えられない感覚に襲われる。

「女にメシも奢れないほど経済的弱者だ」
と思われることに、
コンプレックスをひどく刺激されるわけです。

なぜこんなことになるかというと、
「返報性の原理」ってやつが
働いてるからです。

たとえば、
モテの基準で、圧倒的強者であるモデル女は、
男のそばにいるだけで【価値提供】ができます。

モデル女が提供している価値=女の魅力と
男が提供している価値=男の魅力が
釣り合っておらず、
なにか返さなきゃいけないっていう
「負債感」に苛まれる心理のことです。

この負債感から逃れるために、
男は奢りたくてしょーがない。

奢ることによって引け目を
解消しようとする。
金を出せば出すほど楽になる、、
ってわけです。

モテの基準では
「オレはこの子より価値が低い」
と感じている男が金を払うことで
この格差を埋めないことには
気が済まないのですね。

##女に【価値提供】できる男に
なれるよう、己を追い込む

ここまで読めば、
男が女に金を出させるっていう、
一見したらむちゃくちゃな
「奢られナンパ」が
何を引き受けているかってことが
わかったかと思います。

奢ってもらうためには、
モテの基準で男女の立場を
逆転させる必要がある。
つまり、
「負債感覚」を女に持たせる必要がある

これって実はめちゃくちゃ
ストイックで難易度が高いことなんです。

男がおのれの魅力で
相手の魅力を上回り、
女をグラつかせなきゃいけない。

いっさいお金に頼らず、
むき出しの自分だけで、
女を魅了してやらなきゃならない。

「コーラ奢って」
と、たった100円奢ってもらうだけでも、
それを上回るだけのナンパをして、
相手が喜んで100円出すくらいの
価値を提供しなきゃいけない。

100円出して相手が喜ぶには、
1000円くらいの価値提供を
しなくちゃいかんってことです。

「奢らないどころか、むしろ、奢ってもらう。」

これが意味しているのは、

自分を支えるもの(=お金)を使わずに、
素の自分で勝負するってこと。

いや、素の自分どころか、
「女に奢ってもらってる
情けないクズ男」
という自分を引き受けねばならないので、
ハンデを背負った状態で勝負する
ってこと。

そして、奢ってもらうことで課された、
金銭的なハードル以上の
【価値提供】をしなくてはならない、
そういうところまで、自分を追い込むってこと。

というわけで奢られナンパは
ごまかしの効かない状況に自分を追い込む
めちゃめちゃストイックなナンパ
ってことなのですね。

ゲット後、別の子へのアポに向かう途中で
高学歴秘書からLゲしたKマツ君

この「奢られナンパ」には
自己啓発性だけでなく、
実は、
「NLPをかけるのにも大変に有効」
という、利点があるのですよね。

女を心底食いつかせるために
NLPは最強の心理技術なのですが、
そのとっかかり(=誘導)に
「小さなお願い」
というテクニックを
よく使ったりします。

それでは今日はこのあたりで!

零時