オープン率13倍?|ナンパの前に意識するべきこと

お疲れさまです。
スパルタ部のリョウです。

突然ですがあなたは、
見た目は黙れない
って言葉をご存知ですか?

もし、
「たくさんのナンパフレーズを覚えたのに、
無視ばかりされる」

「渾身のかっこいいセリフを考えたのに、
全く口説けません」

って場合は、「見た目は黙れない」の
悪い影響を受けているかもしれません。

というわけで今日は、
「見た目は黙れない」という言葉を、
メラビアンの法則」に基づいて、
解説していきたいと思います。

今日の内容を覚えれば
「なぜか無視される」
「なぜか口説けない」
ってモヤモヤした状態を脱却し、
次のステージへ進むことができるでしょう。

「かっこいいセリフ」を13倍のパワーで邪魔する、大きな力

この記事にたどり着いたあなたなら、
メラビアンの法則」は
知っているかもしれません。

一応、説明をさせていただくと、

「メラビアンの法則」とは
コミュニケーションの際、
人はどのような情報に基づいて
相手の印象を判断するのか
という心理学上の法則です。

・言語情報 7%
・聴覚情報 38%
・視覚情報 55%

「言語情報」とはいわゆる
バーバルコミュニケーション(言語)。

「聴覚情報」「視覚情報」は
ノンバーバルコミュニケーション(非言語)
にそれぞれ該当します。

簡単に言えば、
コミュニケーションにおける重要度は
バーバル(言語情報)7%
ノンバーバル(非言語情報)93%
という割合になるわけですね。

つまり、
どんなにカッコいいセリフ(言語)でも
ダサい言い方、見た目(非言語)で発すれば、

7:93。その差およそ13倍

7%の「カッコいい」に対し、
93%の「ダサい」が、
およそ13倍のパワーで
僕はダサいです!!!」って
メッセージを伝えていることになるのです。

当然、総合判定は「ダサい」となります。

見た目は黙れない

とくに、ノンバーバルの中でも、
視覚情報(見た目)に関しては、
相手の視界に入っている限り、

「黙っていてもメッセージを
届け続ける」

という特徴があります。
※まあ、当たり前ですが。

つまり見た目がダサかったら、
「僕はダサい」って
自己紹介し続けている状態なわけです。

なんとなく、見た目の大切さが
わかっていただけたかと思います。

そして何故か、
僕イケメンじゃないので」という方ほど、
見た目を軽視していることが多いです。
(服装、髪型、眉毛、ひげ、体型 etc.)

もし、普段の服装が、
なんとなく選んだ
昔の服をずっと着ている
そもそも自分で選んでいない
って場合は、見た目が「僕はダサい!」と
叫んでる状態かもしれません。

そういう方のために、
とりあえずこれ着ておきましょうって
服を紹介しておきます。

この服を着ておけば、
大きい加点も減点もないかと思います。
無音状態です。

【春夏おすすめコーデ】

・白シャツ(装飾のないもの)
・黒スキニー(装飾のないもの)
・白スニーカー(装飾のないもの)
または
・スーツ(一番無難)

とりあえず、これでOKです。
変に攻める必要はありません

だまされたと思って、
この服装で女子と接してみてください。

きっと、反応が良くなるはずですよ。

それでは今日も
お疲れさまでした。