これが僕なりの誠実さです。

こんばんは。

夕食後の優雅なティー(綾鷹)タイムに書いてます。

スパルタ部のリョウです。

 

あなたは、女性に対し「誠実である」ということをどのように捉えていますか?

なんでもやってあげる

わがままを聞いてあげる

いろいろと考え方があると思います。

 

しかし、今一度考えて欲しいのですが、女性がそれを「誠実だ」と感じるか。

それはあなた基準の「誠実さ」ではないですか?ということです。

 

例えば、あなたにオスとしての強さを求めている女子に対し、

レディーファースト」と称し、下から下から腰低ーく接していたら?

きっと女子は「なんだこいつ。期待してたのに

と失望してしまうと思います。

 

そう。「誠実さ」は女子基準で考える必要があるのです。

 

前の例での「誠実さ」の正解は、

少しガサツになってもグイグイと男らしくリードする」です。

なぜなら、女子がそれを求めているからです。

 

僕の経験上、本当にこの辺の感覚は男女間で大きな隔たりがあります。

 

クラブ通い浮気彼氏(モテる)」のことをディスりつつ語るJD

僕がその話を聞いてド直球の本音

「そんなに嫌なら別れりゃいいじゃん」と言ったところ

そうなんだけど好きなんだもん」と頬を赤く染めるのでした。

(僕はそれに対し「キモ」って返しました。)

 

今思えば、「クラブでモテまくってる男の本妻な私、たまらん

みたいな、脳内フラワーパークプリンセス状態だったと想像がつきます。

 

とにかく、彼女は浮気されていても、

その男と一緒にいることに価値を感じていたのです。

 

彼女の中ではそれが正義で正解だったわけですね。

 

この辺の感覚は、ナンパしまくって女子に囲まれるようになり、

下位女子の扱いが自然と雑になるフェーズがあるのですが、

その時、逆に女子の食いつきが上がる現象を経験すればわかるようになります。

(読みづらいで文章すみません)

 

「雑に扱われるの好きなんだなー」と体感で理解できます。

※厳密にいうと、「雑に扱う」というより「あまりかまってやらない」が近いのですが。

 

というわけであなたも、誰のために、誰の基準で

「誠実な」行動をするかは常に意識してみましょう。

徹底して相手軸でいきましょう。

 

それでは、ありがとうございました。